宅建の通信講座でおすすめは?上位人気を比較してみた

宅建

この記事では宅建の通信講座で人気のある4社の特徴を解説しています。

毎年20万人以上が受験する宅建は多くの会社が通信講座を出していて、比較するのも一苦労だと思うので、人気上位に絞ってコンパクトにまとめました。

これから通信講座を利用して宅建の取得を目指す人には参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。

▼公式サイトを早く見たい方はこちら▼

宅建の通信講座を使う理由は?

宅建に挑戦する場合、多くの人は独学か通信講座のどちらかを選択することになります。

働きながらの受験が多いはずですので、通学までする人は少ないでしょう。

独学と通信講座のそれぞれにメリットとデメリットがありますが、ここでは通信講座が独学に比べて優れている点を解説していきます。

簡単にまとめると以下のようになります。

  • 高い合格率
  • 優れた教材
  • 質問が出来る
  • 自分のペースで勉強できる
  • モチベーションを保ちやすい

例えば合格率。

一番人気のフォーサイトという通信講座の受講生の合格率は70%を超えています。

全体の合格率が15%程度なので4倍以上の差があるという驚きの結果。

それに多くの会社が独自のフルカラー教材を使っていて、宅建の受験のプロたちが日々アップデートしている充実した教材も魅力です。

独学だと疑問点が出ても調べるのに時間がかかったりして効率が悪いですが、通信講座だと質問にも対応しているので、理解が深まります。

通学と違い、自分のペースで勉強できるので、忙しい社会人にピッタリの学習法とも言えるでしょう。

デメリットについて

独学より費用がかかる

一番のデメリットは費用面でお金がかかるということです。

独学より高額になるのは覚悟しないといけません。

ただ、通学に比べると安いですし、最近はリーズナブルな通信講座も結構あります。

それに独学で2~3年かかるよりは通信講座で短期間で取得した方が時間の節約にもなり、それがお金の節約にも繋がると思います。

1年で300時間勉強するとして、時給を1000円とすると30万円。

1年早く合格できたとすると30万円浮いたということになりますから。

フォーサイトの宅建講座

資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト は数ある宅建の通信講座の中でも特に人気があり多くの人に支持されています。

その理由は、

  • 70%を超える高い合格率
  • フルカラーで分かりやすい教材
  • スマホ学習、動画学習にも対応
  • コンパクトに要点を絞った内容

全額返金保証の付いたコースもあり、初心者から経験者まで幅広く使えます。

資料請求をすることで高画質の教材のサンプルを確認できるので、良ければ公式サイトからどうぞ。

資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト

スキマ時間に学習!スタディングの宅建講座

スタディング 宅建士講座 は宅建講座の中でも費用の安さが特徴的な会社です。

安かろう悪かろうではなく、教材のクオリティの評判も高いのでフォーサイトと並んで多くの人に支持されています。

もう一つ特徴的なのは、動画教材に力を入れている点です。

スマホでスキマ時間に高いクオリティの動画教材で勉強できるので、忙しい人にピッタリの会社だと言えるでしょう。

オーソドックスな「宅建士合格コース」は18500円と相場よりかなり安いです。

分割払いにも対応しています。

スタディング 宅建士講座

充実の教材!アガルートアカデミーの宅建講座

宅建士講座・ゼロから始めて1年合格! のアガルートアカデミーは法律系に強いことが特徴の会社です。

50%を超える合格率とフルカラーのクオリティの高い教材、そして合格したら全額返金キャンペーンなどの魅力的な特徴があります。

価格面では初心者向けのコースが29800円と安めか標準的な値段となっています。

  • 55%を超える合格率!
  • フルカラー教材!
  • 合格したら全額返金キャンペーンあり!
  • 倍速再生もできる動画教材あり!

宅建士講座・ゼロから始めて1年合格!

高い実績と信頼!クレアールの宅建講座

クレアールの宅建講座 は法律系資格に強みを持つ学校です。

また60年以上続く高い信頼と実績を有することが特徴です。

そのノウハウを活かして「非常識合格法」という、過去問を徹底的に研究した効率的な学習が可能となっています。

時期によっては割引もよくしているので、公式サイトから資料請求をしてみることをオススメします。

クレアールの宅建講座

どんな人は宅建の通信講座を利用するべき?

宅建は独学でも取得可能な資格ですが、決して簡単なものではありません。

300時間ほどは勉強時間が必要と言われており、忙しい社会人が仕事をしながら毎日疲れて帰ってきて勉強を継続するのは結構きついものがあると思います。

  • 独学だと続かない・・・
  • モチベーションが上がらない・・・
  • 分からない箇所が出てきてなかなか勉強が進まない・・・

多くの独学者がこのような悩みを抱えながら勉強しています。

このような不安を解消し、無理なく自分のペースで宅建の勉強を進めていくために通信講座を利用してみるというのは手段の一つとしてアリだと僕は思います。

特に最近は動画教材が充実している会社も多く、独学で紙のテキスト中心に勉強する人との差別化も図られています。

紙のテキストだと勉強が続かないけど、動画教材だと続くという人もいます。

以上のような点から通信講座を利用してみたいと思った方はまずは資料請求からいかがでしょうか?

宅建講座の価格を比較

フォーサイト58800円(2021年4月のキャンペーン価格)(バリューセット1)
スタディング19800円(2021年4月)
アガルート32780円(2021年4月)
クレアール41262円(2021年4月の割引価格)(完全合格パーフェクトコース)

時期やキャンペーンにも左右されますが、スタディングが特に価格面で優位だと分かります。

まとめ

いかがでしょうか?

宅建の通信講座の人気上位4社を解説しました。

選び方としては、

  • 高い合格率で総合力No.1→フォーサイト
  • 低価格で圧倒的コスパ→スタディング
  • 充実の教材と返金制度→アガルートアカデミー
  • 老舗の徹底的な過去問研究→クレアール

こんな感じかなと思います。

↓のリンクから公式サイトへ飛べますので良ければ資料請求してみてください。

宅建
スポンサーリンク
ツイッターorはてブでシェアするならこちらから!
ヒロをフォローする!励みになるのでお願いします!
ぼっち系ニートの資格道

コメント