職業訓練校の就活支援ってどうなの?|スカウト制度やサポートを解説!

職業訓練

職業訓練に通う目的は様々です。

  • 失業保険の延長のため
  • モラトリアムのため
  • 資格を取るため
  • 勉強のため
  • 就職するため

私達の目的は様々ですけど、訓練校の目的は唯一つです。

就職させること」

この目的のために就職サポートを全力でやってくれるので就職したい人には本当におすすめの場所です。

  • どんな就職支援をしてくれるの?
  • 電気設備科の就職先は?
  • スカウトって何?
  • 訓練校限定のレア求人ってあるの?

このような疑問に答えていきます。

なるべく早く就職したい人は職業訓練と並行して転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集などの転職サイトを使うのがおすすめです。

訓練中でも面接に行くのなら自由に休むことができるはずなので、お早めにどうぞ。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

職業訓練の就職支援の内容とは?

  • 模擬面接
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 求人の紹介
  • 企業への見学などの申し出
  • 企業情報を教えてくれる
  • 就職相談

職業訓練校は一人でも多くの生徒を就職させることが仕事です。

なので就職サポートが非常に手厚いです。

上記のようなサポートで希望する人が早く就職できるように万全の体制で手伝ってくれるので頼もしい存在です。

多くの生徒が放課後に模擬面接を受けたり就職相談をしたり気になる企業へ見学へ行ったりしていました。

訓練校は情報を持っている

また職業訓練校は就職のプロなので色々な情報も持っています。

例えば求人を見ていて気になる企業があった時にネットで探してもあまり情報が無い時があります。

地方の中小企業とかは特にです。

そういった時でも職業訓練校に聞いてみると案外その会社を知っていて色々情報を教えてくれることがあります。

職業訓練の卒業生からも情報が回ってくる

ポリテクセンターの卒業生が勤めている会社などは、実際に卒業生から会社のことを聞いたりできるので生きた情報を知ることができてとても便利でした。

また企業側からアプローチがあって、希望者は放課後に見学会をすることもありました。

職業訓練に行くことで企業との接点も増えて、色々な情報が入ってくるようになります。

それらの情報は就職活動をする上で大変参考になるので、とても助かります。

履歴書、職務経歴書も納得いくまで直してくれる

それに履歴書や職務経歴書の書き方も教えてくれます。

自分で書いていたら気付かなかった改善点などを教えてくれるので、一度でも良いのでしっかり活用していきたいです。

職業訓練・電気設備科の就職先ってどんなところ?

主に次のようなところがあります。

  1. 電気工事士
  2. 盤屋
  3. 太陽光関係
  4. ビルメン
  5. エレベーター保守
  6. 消防設備士
  7. 電気系の製造現場

僕は電気設備科というところに通っていて他のコースの就職先のことはよく知らないので、この記事では電気設備科の就職先を紹介します。

なお各コースの就職先は職業訓練(ポリテクセンター)のホームページに公開されていることもあるので自分が通う予定の訓練校のサイトを一度確認してみましょう。

電気設備科からの就職だと上記のようなコースが多いです。

僕と同期の電気設備科の人たちも大半がこの中の仕事についていました。

妻子持ちにはきつい給料

しかしここに書いた仕事に未経験で就く場合、給料もそこまで高くないので子どものいる30,40代の人たちは結局前職と同じ仕事に戻っていく人もいました。

電気工事士なども経験を積めば給与はかなり上がりますが、最初は安いのは仕方ないです。

電気工事士や盤屋は田舎で需要がある

特に多かったのは電気工事士と盤屋です。

電気工事士は求人が多い上に職業訓練を受けて第二種電気工事士を持っている人を欲しがっているので需要はたくさんあります!

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

職業訓練のスカウト制度で若い人にはお声がかかるかも

突然ですが、皆さん職業訓練校にはスカウト制度があることを知っていますか?

スカウト制度とは、

「職業訓練校が生徒の年齢や簡単な職歴を開示して企業の方から僕たち生徒に向かってスカウトが来る」

というものです。

指導員の先生から「こんなスカウトが来てるけど、受けてみる?」と教えてもらえるので返事をどうするか決めて対応します。

このスカウトはやはり年齢が若い人には圧倒的にたくさん来ていました。

僕も20代だったのでそれなりには来ましたが一番若い20歳前後の人には本当にたくさんのスカウトが来ていました。

就活における若さの価値を実感した瞬間です。

ちなみに僕はスカウトが来てもほとんど断ってしまいました。

その理由は待遇がすごく悪いからです笑

年間休日70日の企業とかがゴロゴロしていました!

さすがに70日はきついです(笑)

訓練校にしかない限定求人とは?

ハローワークには求人を出していないけど職業訓練校には求人を出している企業が結構あります。

こういった企業には職業訓練校に通わないと求人の存在を知ることが出来ないわけです。

こういうこともあるので訓練校に入ることは就職を目指す者に取って良い選択肢だと思います。

思わぬお宝求人が発見できるかもしれません。

訓練校にしか来ていない求人ということは競争率もそれだけ低いので狙い目ですね。

職業訓練で就職する気がない人はどうなる?

就職が決まらずに卒業しちゃうと、訓練校から頻繁に鬼電がかかってきます(笑)

訓練校もボランティアではないので、ちゃんと仕事している事をアピールするために就職率というものにはかなり気を使うようです。

で、卒業何日以内に就職していると就職率にカウントできるので、

  • 頻繁に電話してくれたり
  • 家に求人を送ってくれたり
  • 「就職したらちゃんと連絡してね!」と念押しされたり

します!

ちなみに就職というのはアルバイトでも良いようで、

「とりあえずアルバイトに決まりました」

と答えたらそれ以来電話はパタッと止みました。

ペナルティとかはない

就職決まらなくてもペナルティとか怒られたりはないです。

ただ、あまりに就職する気がないような態度だと嫌味の一つも言われるかもしれません。

ちゃんと真面目に就職のために活動できている人は問題なしですね。

職業訓練は役に立たない?

職業訓練は「待遇が多少悪くてもとにかく就職したい」と考えている人には役立つ制度です。

職業訓練に行くことで確実に就職するチャンスは広がるでしょう。

物理的にも見られる求人は多くなるし、就職のプロである先生のサポートもあるし、周りには同じように就職を目指す仲間がいるのでやる気も出ます。

反対に「ある程度待遇にはこだわりたい」という人はあまり意味がないかもしれません。

未経験での就職が前提なのでどこも給料・年間休日ともに良いとは言えません。

待遇にはこだわりたいという人はおとなしくこれまでに経験のある職種・業界で再就職することをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?

就職をしたいけど自分一人では怠けてしまってなかなか就職活動が進まないという人は、ぜひ職業訓練に行ってみてください。

手厚い就職支援を受けて社会復帰するために最適な環境が揃っています。

特にこれまでと違う未経験分野の仕事をやってみたい方にとってはポリテクセンターは良い踏み台になります。

志望動機も言いやすくなるでしょう。

退職して焦る気持ちも分かりますが、一度深呼吸してこれからの人生について自分に問うことも大事な時間です。

では、また!

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

職業訓練生なら迷わず活用したいおすすめ転職サイト4選

働きたい!無職が職業訓練に行くメリットを解説【就職への近道?】

【完全版】20代ニートが就職のために職業訓練に半年通った所感

職業訓練の面接でよく聞かれる質問は?どんな雰囲気なの?

▼同時に登録しておきたい転職サイト▼

職業訓練
スポンサーリンク
ツイッターorはてブでシェアするならこちらから!
ヒロをフォローする!励みになるのでお願いします!
ぼっち系ニートの資格道

コメント