電験三種を取っても薄給!?稼げないとは本当なのか

電験三種

「電験三種の資格を取れたらどれくらい稼げるのだろう」

こんな疑問持つ方はいませんか?

複数年かかって受かる人も多い電験三種は言うまでもなく難関理系資格です。

そんな難しい資格を取れたら、「さぞ良い待遇で働けるんだろうなあ」って思いますよね!?

そんな人のためにこの記事では電気主任技術者の年収についてまとめました。

電気主任技術者の仕事に興味がある人はぜひ参考にしてくださいね!

電気主任技術者の年収の目安

僕は電験三種を取得した後に、個人的にたくさんの求人サイトを活用して電験三種の給料を調べてみました。

その結果、

電験三種を取得すればだいたい年収350~550万円あたりが目安になることが分かりました。

特に実務経験が無い人は300万円台になることも多いようです。

300万円というとそこそこの企業なら新卒・20代でも届く額ですよね。

加えて日本人の平均年収は約410万円くらいというデータも有名です。

それを考えると「思っていたより稼げないな・・・」というのが正直な感想。

もちろん実務経験を積んで良い企業に転職していけば500万600万と高年収を稼げるようにはなっていきます。

ただ、「電験三種を取れば簡単に年収800~1000万!」というのは幻想だということです。

まあ非正規雇用が4割を超えて、年収100万円台200万円台が当たり前になっている現代社会で職に付けて300万円以上稼げるなら良いじゃないという意見も分かりますけどね。

電気主任技術者の年収相場は割に合うのか?

電気主任技術者の仕事はそこまで身体的に負担がかかる激務ではないと聞きます。

しかし電気主任技術者としてやっていくなら、

  • 夜勤・早朝勤務
  • 感電の危険性

これらを避けることは難しいです。

加えて電験三種の資格自体が合格率一桁の難関資格ということを考えると、

「あんまり割りに合ってないのでは?」

と思ったりもします。

電気主任技術者の方の口コミを読んでいると、

「年収の割に責任が大きすぎる」
と言う声も多くみられました。

僕は工場夜勤の仕事をしていたこともありますが、夜勤終わりかけの早朝なんかは頭がボーッとして思考力も落ちてきます。

そんな状態で当たれば一発アウトの感電リスクのある仕事をするというのは文字通り命懸けですよね。

そこまでのリスクを負う割には思ったより年収が低いというのが個人的な感想です。

電気主任技術者として年収を上げる3つの方法

電気主任技術者として年収を上げていこうと思ったら次の3つの事を意識すると良いでしょう。

経験を積む

電気主任技術者にとって実務経験があるかないかは非常に重要です。

資格を取っただけの未経験者では何も出来ないというのが正直なところですから。(僕のことです)

実務経験を積むことにより、企業からも「あなたを採用したい」と思ってもらえるようになり、その結果として年収も付いてきて上がっていくという流れです。

より上位の資格を取る

電験三種は希少性のある難関資格ですが、より上位の電験二種・電験一種ともなるとさらにレア度が上がり、高待遇になる傾向があります。

暇つぶしに電験二種の求人とか見ていると、三種とは明らかに違って高待遇のものも多いです。

三種より二種の方が高年収が期待できることは間違いないので、自信がある人は挑戦してみても良いと思います。

ちなみに僕は三種の勉強でイッパイイッパイだったので、当分は二種にチャレンジするつもりはありません(笑)

転職する

年収を上げる一番手っ取り早い方法は転職をすることです。

まだまだ年功序列が根強く残っている日本社会では他の人に比べて突出した年収を一人だけもらっているというのは少ないでしょう。

会社ごとに役職や年齢に応じてだいたいどれくらいの年収かが決まっているので、今の会社より年収水準の高い会社へ転職できれば、年収アップが期待できます。

独立する

電気管理技術者として独立してフリーランスみたいな働き方をするという選択肢もあります。

自営業なのでどれくらい働くかを自分で決められて、より多く働けば高い年収も期待できます。

ただ、「独立するなら慎重に」という声も大きいです。

なぜなら、

  • 仕事を獲得する営業が大変
  • コネや人脈も必要
  • 初期投資が大きい

などのデメリットもあるからです。

ネットで調べると独立したけど辞めてサラリーマンに戻ったという意見もありました。

まとめ:電験三種を取得すればバラ色の未来が待っているというのは勘違い

「電験三種を取れば未経験者でも仕事に困らなくて、さらに高年収を得られて楽な仕事に就ける」もしかしたらこう考える人もいるかもしれませんが、大きな勘違いのようです。

経験がないと仕事に就くのも苦労するし、仕事を見つけても最初は高卒大卒新卒と同じくらいの年収からスタート。

安定はしているし需要もある資格なので、取得するメリットは大きいですが、あくまでも資格取得はスタートラインに過ぎず、そこからの一層の努力が求められます。

そして年収の目安はだいたい350~550万円くらいが相場。

以上になります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

▼あわせて読みたい記事はこちら▼

電験三種はマジで意味ない?取得メリット3個をサクッと解説

電験三種に過去問だけで受かる?|効果的な勉強法とよくある勘違いについて

電験三種はいつから勉強する?おすすめの勉強スケジュールはこれだ!

コメント