資格大好きマンが語る勉強方法のコツ|資格マニアは嫌われる?

資格論

「資格を取ろう!」といざ決意しても三日坊主となってしまいなかなか勉強が続かないという悩みを持つ方はいるでしょうか。

僕は行政書士を勉強していた時は1年3ヶ月、電験を勉強していた時は1年の間誘惑に負けることなく勉強を継続してきた実績があります。

この記事では資格勉強を長続きさせるコツを紹介していきます。

三日坊主でお悩みのあなたはぜひご覧ください。

▼ユーキャンで資格を取りたい方へ▼

ユーキャンの通信講座のお申込みはこちら

資格勉強には様々な誘惑がある件

僕も6年で20個近くの国家資格を取ってきていますので、資格勉強はそれなりに好きです。

趣味といっても良いです。

でも資格勉強が楽しすぎて何の苦痛も無く、いくらでも資格勉強が出来るわけではありません。

ぶっちゃけ資格勉強が辛いときもよくあります

  • 遊びたい
  • 寝たい
  • サボりたい

こういった誘惑は常にあり、資格勉強とは誘惑との戦いなのです。

もしそういった誘惑に負けてしまったらそこで終わりです。

楽な道に進んでしまって後から後悔しても遅いのです。

資格を取ると決めたら誘惑に負けずにぜひ頑張ってほしいです。

資格勉強をしていて一番精神的に辛い時期は?

「難しい資格の直前期」

これが一番辛かったです。

精神的にきついものがありました。

例を挙げると電験三種とか行政書士を勉強していた時です。

あと宅建の時もなかなかきつかったです。

簡単な資格の場合は別に誘惑に負けたって良いのです。

簡単な資格なら1日30~60分とか勉強してたら受かりますから。

それに簡単な資格なら1年に何回もチャンスがあります。

失敗しても次の機会はすぐにやってきます。

しかし難しい資格はたいてい年に1回しかやっていません。

落ちたらまた1年後というのは精神的に辛いです。

難関資格の場合は5時間とか6時間とか勉強しないとなかなか受かりません。

そうすると誘惑に負けている場合では無くなります。

僕が電験三種とか行政書士を勉強している時は、家にこもって1日中やってました。

直前期は特にそのような感じで1日中試験のことを考えていました

息抜きにアニメはマンガは少しは見ていましたが本当に短い時間です。

そこまでやっても合格率数%とかなので受かる保証は無いのです。

僕の場合は運良く1発で受かったから良かったものの、もう1年また同じ生活を繰り返すかと思うと気が重かったです。

受かるための資格勉強の4つのコツ

1日の勉強ノルマを決める

まず大事なことは1日の勉強ノルマを決めることです。

「今日から毎日○時間勉強しよう」とちゃんと目標を立てます。

実現可能な範囲で尚且つ試験に受かるだけの勉強量を確保できるようにしてください。

最初はどれくらいのノルマを決めたら良いのかよく分からないかもしれませんが、計画に無理があるなら少しずつ修正していけば良いです。

コツは「ちょっと少ないかな?」と思うくらいの量にしておくことです。

やる気があるのは良いですけど、張り切りすぎて大きめのノルマを決めてしまうと、後から億劫になって続かない可能性が高まります。

ぶっちゃけ最初は「1日10分」とかで良いです。

勉強時間を記録する

そして勉強時間をしっかり記録してください。

出来ればストップウォッチでやりましょう。

最近はスマホにもストップウォッチ機能がついている場合も多いので活用していきましょう。

毎日集計して目標勉強時間をクリアできるように頑張りましょう。

勉強時間を記録する理由は自分の勉強時間を客観的にきちんと把握するためです。

今日はかなり勉強したなと主観的に思っても意外とやってないということは多々あります。

ストップウォッチを使って正確な時間を測ることで安心感や自信にも繋がります。

勉強は前倒しで優先的に終わらせる

勉強はなるべく早めにさっさとやってしまいましょう。

夜とかに延ばし延ばしにすると面倒になって、「今日は疲れてるし、もういいかな。」となりがちです。

それが1日、3日、7日と続くと結局挫折してしまいます。

理想は朝からやりましょう。

ノルマさえクリアすればあとは自由です。

夕方までに勉強を終わらせて夜は遊ぶとかでも全然良いです。

すき間時間を使って少しずつやる

もう一つの心構えとしては少しずつ少しずつ勉強時間は刻むこと。

いきなり何時間とか連続で出来る人は良いですけど、僕には無理です(笑)

「10分でいいからとりあえず机に向かおう」

この姿勢が大事です。

この5分で良いから単語の一つでも過去問の一つでも学習しようという姿勢が大切。

資格勉強を経験した事がある人は分かると思いますがとても大事なことです!

これは資格歴6年の僕が学んだ資格勉強における極意の一つだと思います。

5分でいいやと勉強を開始しても意外と15分とか20分とかやってしまうものです。

もちろん気が乗らない時は本当に5分でも良いです。

↓気になる資格をユーキャンで探しみませんか?↓

ユーキャンの通信講座のお申込みはこちら

夜寝る前の復習はホント大事

覚えた事は寝ている間に定着すると言われています。

だからしっかり睡眠時間を確保することはもちろん大事です。

それに加えて寝る前になるべく頭に知識を詰め込むと、寝ている間に定着しやすいのでおすすめします。

寝る前に参考書を読むことで、落ち着いて睡眠に導入できるのでスマホを見るよりも熟睡できるのもメリットですね。

あと勉強のために睡眠時間を削るとかは絶対にNG

僕は昔これをやって酷い目に合いました(笑)

仕事中ありえない睡魔が毎日来てフラフラしていましたから(笑)

合格後のメリットをモチベーションに頑張ろう

よく言われますけど、これ非常に重要です

  • 合格して良い職場に転職して年収アップしよう
  • 合格して褒められて尊敬されて感心されたい
  • 合格して受かったら自分へのご褒美に良い物食べよう
  • 合格して受かったらパーッと遊ぼう
  • 合格して現在の嫌な職場から脱出しよう

こういうモチベーションがあるからこそ長く辛い資格勉強を乗り切れるのです。

きついなと思った時は合格した後のことを考えてみましょう。

どんなメリットがあるか心に浮かべてそれを原動力にして努力していくことが大事です。

資格マニアは嫌われる?

ネットを見ているとたまに「資格マニアは嫌われる」というような内容の意見を見ます。

これは何故でしょうか?

考えられる理由としては、

  • 本業に集中できていない
  • 上から目線の偉そうな態度
  • 知らずに自慢してしまっている

などがあります。

他にも本人に落ち度がなくても周りの嫉妬から嫌われるということもあるようです。

これについて思うことは、周りの嫉妬はどうしようもないし自分が気にしすぎの可能性もあるので、極力気にしないことです。

そして大事なことは、無意識に自慢したり偉そうな態度になってしまわないように常に謙虚な心をもつことかなと。

嫌われる資格マニアもいれば、好かれて頼りにされる資格マニアもいます。

なるべく好かれる方になりたいので自戒をこめてこれからは気を付けていきたいです。

まとめ

  • 資格勉強は誘惑との戦い
  • 試験直前の追い込み期が一番きつい
  • 1日の勉強ノルマを決める
  • 勉強時間をストップウォッチで測る
  • 勉強は朝早くからやり、ノルマを達成したら後は自由
  • すき間時間を上手に使う
  • 合格した後の想像をモチベーションに頑張る

↓勉強法のテクニックが学べる本です↓

資格論
スポンサーリンク
ツイッターorはてブでシェアするならこちらから!
ヒロをフォローする!励みになるのでお願いします!
ぼっち系ニートの資格道

コメント