正直不動産の黒須がクソかっこいい件|11巻ネタバレ感想

アニメ・マンガ・小説・映画

僕が毎回新刊を欠かさず読んでいるマンガの一つに「正直不動産」があります。

このマンガは人気も出てきてご存知の方も多いとは思いますが、改めて説明すると、

嘘が一切吐けなくなってしまった不動産営業マン永瀬財地が、「正直営業」というたったひとつの武器を手に奮闘する不動産系マンガ

で、ストーリーとしても面白いし不動産の勉強にもなるしで、今イチオシのマンガです。

そんな正直不動産では脇役も秀逸で、個性豊かなキャラ達は読んでいてとても面白いのです。

今回の記事では僕が好きな脇役の一人、「黒須」について、11巻のネタバレ感想と共につらつらと書いていきます。

読んだ直後の率直な感想としては、、、「黒須がクソかっこよくなって再登場した!!!」でした(笑)

関連記事:正直不動産8巻ネタバレ感想!カネと不動産を巡る痛快ストーリー

正直不動産11巻は黒須がかっこよくなって再登場

↑これ、11巻の表紙なんですけど、新幹線の席で主人公の永瀬と隣り合って座っている黒須が描かれています。

この場面は11巻の中の一つのシーンを切り取ったもので、それだけインパクトがある重要シーンということでしょう。

11巻までの黒須

元々強引な営業で薬を飲みながらトップ成績を維持していた黒須ですが、客に刺され一命を取り留めたのをきっかけに不動産営業は辞めて家業の旅館の手伝いをすることに。

登坂不動産を辞める時の解放されたような笑顔が印象的でした。

11巻のかっこいい黒須

越後湯沢の「負動産」であるマンションをなんとか売りたいと考えている主人公の永瀬の前に突如再登場した黒須。

越後湯沢のマンションがゴミの山?俺には宝の山に見えたぜ

ドヤ顔で語る黒須。

俺が愛媛の温泉旅館の番頭で終わると思ったか?秒速で旅館を軌道に乗せて、今は新しいビジネスを立ち上げるために出張中だ。

か、かっこいい・・・!!

その後、意気消沈の永瀬を見かねて黒須が一杯飲みに誘いました。

そこで永瀬が思いつかなかった起死回生のアイデアをアドバイスする黒須。

黒須の意図がまだよく分かっていない永瀬は「恩に着せておこうという魂胆か?」と考えますが、黒須の返答は↓

恩返しのつもりだ。俺が客に刺されて入院した日、心配して駆けつけてくれたのはお前だけだったからな。

いやはや、良いシーンです。黒須、ほんと良いキャラになりましたね。吹っ切れて一皮むけた感じが素晴らしい。

永瀬の正直営業が巡り巡って、ピンチの時に黒須という強力な助っ人を引き寄せたのでしょう。

個人的に11巻の一番のハイライトはこの黒須関連のシーンでした。

正直不動産の11巻、他の見どころは?

正直不動産11巻では、生活にも役立つ不動産知識をマンガを通して学ぶことができます。

例えば、

  • 狭小住宅のデメリット
  • 担当者ボーナス物件の注意点
  • 売り主と買い主が顔を合わせない「持ち回り契約」のトラブル

など読み応えのある面白いストーリーがたくさんありました。

不動産業界というのは本当に知識が大切で、何も知らないと食い物にされるんだなということを改めて感じますね。

正直不動産に興味を持った方は・・・

今最も勢いのある不動産マンガ、不動産の事が楽しく勉強できる正直不動産を読むなら、

あたりのサービスが断然おすすめ!

特に最短翌日配送で、国内最大級の在庫量のマンガ全巻ドットコムは素晴らしいです。

キャンペーンでお得に利用できる場合もあるので要チェック!!

まとめ

いかがでしょうか?

正直不動産11巻の黒須のかっこいい再登場には正直胸が熱くなりました(笑)

黒須だけでなく他にも良いキャラはたくさん居るので、ぜひあなたも正直不動産を全巻読んでみてください。

きっとお気に入りのキャラが見つかるはずです。

では、また!

12巻も出ています↓

アニメ・マンガ・小説・映画
スポンサーリンク
ツイッターorはてブでシェアするならこちらから!
ヒロをフォローする!励みになるのでお願いします!
ぼっち系ニートの資格道

コメント