「宅建は簡単」ってのは嘘なの?油断せずしっかり準備しよう!

宅建

知人が宅建に一発合格したのですが、「宅建なんて簡単だよ」と言っていました。これは本当ですか?

こんな疑問を持つ方はいませんか?

確かに宅建は簡単だという意見も一部としてあります。

では誰もが少しの勉強で合格するかというと僕はそうは思いません。

そこでこの記事では宅建がそれほど簡単ではないという理由と初心者向けの対策法を解説していきます。

ぜひ最後まで読んでみてください!

スタディング 宅建士講座 ならオンラインを中心に自分のタイミングで好きなだけ勉強できます。

動画で分かりやすく理解したい方は検討してみてはいかがでしょうか?

宅建が簡単だという言葉を鵜呑みにしてはいけない

まず最初に結論から言いますと、宅建という試験は決して簡単ではないと思います。

何を持って「簡単」かと言うのは人それぞれ基準が違うと思いますが、宅建は「無勉」や「一夜漬け」などで片手間に取れるほど甘いものではありません。

やりたいことや楽しみを我慢して数ヶ月は勉強に打ち込むという努力をしないとほとんどの人は合格しないと思います。

実際僕は3ヶ月以上かけて220時間ほど勉強して合格できました。

勉強している期間は仕事から帰って勉強をして寝て、また仕事という流れが基本でそこまで遊んだりテレビを見たりする余裕はなかったです。

合格率は非常に低い

宅建の合格率は例年安定していて、約15%。

10人受けたら1~2人しか受からない試験です。

半分以上が受かる試験ならまだしも、これだけ絞られるというのは簡単とは言えないですよね。

免許センターの試験とは訳が違うのです。

詳しくは宅建の合格率の推移を知ろう!宅建士になって難化した?の記事で説明しているので良ければ読んでね。

300時間くらいが勉強が必要

宅建に受かるためには200~300時間ほど勉強が必要と言われています。

実際に僕も勉強しましたが220時間勉強して30点台後半で合格して、この説はそれなりに当たっていると感じました。

300時間といえば、1日2時間勉強したとしても5ヶ月くらいはかかりますよ。

それでも受かる保証はないし、落ちたらまた1年後ですからね。

勉強時間の攻略については宅建の勉強時間の目安は?科目ごとの優先順位を決めて学習しよう!の記事を参照。

「宅建は簡単」説の根拠とは?

なんで「宅建は簡単説」があるのでしょうか?

僕は一つは宅建が有名でメジャーな資格だからだと思います。

毎年20万人以上が受けるマンモス資格なので、知名度は抜群。

それだけよく聞く資格なら何となく簡単だとふわっとしたイメージで捉えている人も多いかもしれません。

また、宅建は完全にマークシートの試験ですから、行政書士みたいに記述式があったりしません。

完全マークシートなら自分でも大丈夫かもと根拠のない自信も持つ人もいるようです。

↓宅建の通信講座ならスタディング!スマホでスキマ時間に学習しよう↓

スタディング 宅建士講座

宅建にまぐれで受かった人は稀な存在

では完全マークシートだからといって、まぐれで宅建に受かることがあるのか?

僕は非常に確率は低いと思います。

宅建は50点満点中35点前後は取らないと合格できないので、6~7割の得点が必要になります。

いくらマークシートと言ってもそんなに勘でポンポン当たるわけではありません。

よほど運の良い人はまぐれ合格もあるかもしれませんが、そんなことに期待するより勉強した方が賢明です。

少なくともほとんど勉強したことのない人が受験して全て勘で答えて受かるなんてことはないでしょう。

それをするのは受験料の無駄です。

記念受験組も大量にいる

「宅建を取ろう!」と決意して意気揚々と申し込んだは良いものの、やる気が出なかったり仕事が忙しかったりして結局勉強できず、合格は絶望的な人もたくさんいます。

そういった方たちでも、

  • せっかく受験料払ったし受けるだけ受けるか
  • もしかしたらマークシートの神が舞い降りて奇跡が起きるかも・・・
  • 会社命令だからとにかく受験だけはしないと

と、試験だけは受けにきます。

合格率が15%とはいえ、こういった記念受験組の人たちも大量に含んだ上での15%ですから、そこまで悲観的になることもありませんよ。

ガチで勉強した人の合格率はもっともっと高くなるはずです。

必要以上に宅建を恐れると実力が発揮できない原因になったりしますから、ほどほどにしておきましょう。

初心者が宅建に合格するためには?【裏ワザは無し】

初心者が宅建に受かるためには奇をてらった方法ではなく王道を実直にコツコツやることです。

裏ワザやショートカットはないので、淡々とやるべきことをやるのです。

  1. テキストを読む
  2. 分からないとこを調べる
  3. 過去問を解く
  4. またテキストに戻る

ひたすらこれの繰り返しです。

試験直前になると予想問題を解くのも良いでしょう。

身近に宅建合格者がいれば積極的に質問することもオススメ。

まとめ

いかがでしょうか?

宅建が簡単と言われる説について解説しました。

僕はやっぱり難しいと思います。

でも決して受からない試験ではないですよ。

勉強すればするだけ点数に反映される報われる試験です。

これから受験する人は決して油断しないで頑張ってください!

▼スマホですき間時間に宅建学習!スタディングで学ぼう▼

スタディング 宅建士講座

宅建
スポンサーリンク
ツイッターorはてブでシェアするならこちらから!
ヒロをフォローする!励みになるのでお願いします!
ぼっち系ニートの資格道

コメント